Home > 雑ネタ

[雑ネタ]カテゴリ—の記事一覧

2100年の世界

今から100年後の世界、
みなさん想像されたことはありますか。

人工知能、ロボット、ナノテクノロジー、水素エネルギー ——
私たちの未来は、一体、どのような方向に進んでいるのでしょうか。


物理学では有名な「ひも理論」の創始者の一人であり、
大学物理学教授、SF作家でもあるミチオ・カク氏の著書から、
ひとつ、ネタを紹介します。

「コンピュータの未来」について


MYBRAND blogphoto




以下、著書『2100年の科学ライフ』より抜粋 ——

コンピュータの能力は18カ月ごとに倍増するといわれています。すると大体2045年までには、コンピュータチップは人間の知能に近づいていき、凌駕さえするかもしれません。これによって「黄金時代」が始まる可能性があります。その頃にはコンピュータの値段は1円程度になっているはずです。コンピュータは私たちの健康状態をモニタリングして、充実した長い人生が送れるようにしてくれるし、人生の不和・苛立ち・不確実さなどを排除してくれるでしょう。



これまで人類の歴史を振りかえると、テクノロジーの進歩により、あらゆるものが低価格で手に入れられるようになってきました。特にデジタルなものは、ほとんど無料に近い価格まで下がり続ける性質があります(インターネット、Eメールやソーシャルメディアなど)。

コンピュータも同様だと著者は説きます。
2050年頃には、コンピュータは空気と同じくらいあたりまえの存在になるといいます。
既に、ウェアラブル端末が市場に出始めていますが、その先駆けといえるかもしれません。


ここで重要なのは、
機械に囲まれた便利な暮らしを目指すだけでなく、
機械によって人の弱点を補ったり、思考を進化させたりするような、賢い使い途を考えることなのではないかと私は考えます。


2100年、ナノサイズのマイクロコンピュータで溢れかえる未来で、
人々の心に響くような体験をいかにデザインするかが、
今まさに私が事業を進めていく焦点となっています。

ハワイ島の海を潜る

今年は何かと多忙にしていて、結局未だ海に潜れていません。
海中景色が恋しくなったので、昨年ハワイ島のケアラケクア湾を潜ったときの様子を書くことにします。


MYBRAND blogphoto


ケアラケクア湾は、南コナのカイルア・ビレッジ(カイルア・コナ)から約19 ㎞南にある美しい湾です。あのキャプテン・クックが西洋人として初めてビッグ・アイランド(ハワイ島)に上陸した歴史ある場所でもあります。

このエリアは海洋保護区域に指定されており、透明度ではハワイ諸島の中でも1、2を争うとか。
保護区なので個人が安易に近づくわけにはいかず、地元のクルーズ会社の企画に乗ることにしました。

そんなケアラケクアで実際に潜ってみての所感としては、亜熱帯気候で珊瑚礁の地形にしては、魚類の種類が少ない印象。比較的見慣れた黄色いチョウチョウウオの仲間やハギの仲間がほとんどで、体が非常に鮮やかな固有種といったものには出会うことはできませんでした。


それでも、透明度やコンディションもそう悪くない環境の中で潜ることができたので、そのときのショットを何枚か紹介します。



MYBRAND blogphoto



MYBRAND blogphoto


後で調べたところでは、1枚目の写真は、おそらくニザダイ科のモンツキハギ〔Orangeband Surgeonfish〕とキイロハギ〔Yellow Tang〕、2枚目の写真の鮮やかな赤色はいったい何者なのか不明です。


それから、こちらは動画です。
(クリックするとしばらくしてスタートします)










                      *       *       *

潜っていてなんとなく感じたのは、このハワイの海でもサンゴの白化現象が進んでいるのではないかということでした。

白化現象とは造礁サンゴから褐虫藻(サンゴと共生している光合成生物、単細胞藻類)が抜け出てしまう現象で、褐虫藻がいなくなった造礁サンゴは、エネルギーの供給源が絶たれることで白色になり死んでしまいます。原因は、海水温の上昇が主なものであると考えられています。

ここのところ、ヨーロッパをはじめ世界各地で、干ばつや真夏の大雪、豪雨といった異常気象が続いていますが、その原因は海水温の上昇による偏西風の乱れだとも言われています。それだけ、熱容量が大きい海の影響力は強大なのだと思い知らされます。


以前、沖縄の石垣島で白保の海に潜った時にも、アオサンゴに起こる同じような現象を目の当たりにしましたが、改めてハワイの地でも同じような景色を見ると、とても複雑な気持ちになります。

海中景色を愛するいちダイバーとしては、
この美しい景色がいつまでも見られる地球であってほしいと願うばかりです。

富士山の頂を旅して 2012

登山とは実に不思議な体験です。


MYBRAND blogphoto


刻々と変わりゆく情景を前に、無常観を感じずにはいられなくなってきます。

満点の夜空が広がったと思えば、次の瞬間雷雨に襲われる。
神々しい景色を見る至福感と、自然の厳しさに触れる緊張感とが入り交じったような、なんともいえない感覚。

そこは不安定で厳しい環境だからこそ、そこで見えるものは下界の数倍も美しく見えるということなのでしょうか。

そこには、まるで異次元に迷い込んだような別世界が目の前にひろがっていました。


MYBRAND blogphoto



寒さに身は凍え、疲労から足は感覚を失い。でもなぜか心は清々しく目に飛び込んでくるものすべてが鮮やかに輝いて見える。そして心はとても静かな気持ちになってきます。

手を伸ばせば届きそうな場所に陽の光が見える。
ただただ、その日の光に吸い込まれるように、心奪われている自分に気がつきます。


こんな体験は、やはり高みに登ってこそ体験できるものです。





MYBRAND blogphoto

大宇宙の鼓動〔2012年金環日食〕

宇宙の鼓動を感じずにはいられない、金環日食の5月21日午前7時29分。
道行く誰もが空を見上げています。


MYBRAND blogphoto


残念ながら日食ピークは厚い雲に覆われ、金環は観測できず。上の写真が精一杯でした。

次に日本列島で観測できるのは、2030年ということです。



ところで、日食とは(太陽)ー(月)ー(地球)の順に一直線に並ぶ現象ですが、このタイミングでいくつか不可解な出来事と重なるようです。

たとえば、他の時期と比較した場合、満月や新月の夜に交通事故件数が増加する。
ヒトの出産数が増加する(約1割程度らしい)ことなどが報告されています。(※出所


さらに、この現象は月と地球と太陽に限ったことではありません。実は、太陽系の惑星が一直線に並ぶ周期が決まっています。


太陽と、内惑星である水星、金星と地球が全て一直線上に並ぶタイミングが144年に1度あり、その公約数の周期で自然現象や社会情勢に様々な変化が訪れるという説があります。(以下、ガイアの法則(著 千賀一生)という書籍からの引用です)


  • 1995年 阪神淡路大震災
  • 1923年 関東大震災
  • 1851年 ―
  • 1779年 安永の時代に桜島が大爆発し火山灰が奈良県を越え長野県まで達した
  • 1707年 江戸時代に富士山が爆発し、日本史上空前の宝永大地震(M8.4)

上に列挙している年代は、すべて72年(144年の半分)ずつ過去にさかのぼった時に起きている出来事です。天変地異という切り口で過去の記録を拾い出すと、偶然かもしれませんが、おどろくほど周期性がある事がわかります。

これは、天変地異だけでなく経済情勢などその他の分野にもあてはまるとか。


こう思うと、大宇宙もヒトや動植物と同じように、計り知れない規模での大きな鼓動を打っているように感じられてなりません。

ネイチャースポーツと晩酌と仲間たち

今週末、高校時代の旧友たちが新居に遊びにきてくれ、一緒に夕の食卓を囲みました。
嫁の料理でお酒もすすみ、仕事や人生の話、懐かしい思いで話に花が咲きます。

(筍ごはんに家庭菜園でとれた山椒の葉を添えて。右上は筍とあさりの佃煮)

MYBRAND blogphoto




高校の友人たちとは、もう10年来の長い付き合いです。
彼らとはフリーダイビング、ロッククライミングと、何かしら自然系スポーツでつながっています。

昨日はスラックラインという、新しいスポーツにチャレンジ。(綱渡りの競技)
4時間ほど通しで綱と格闘した後、心地よい筋肉痛を感じながら親しい仲間と囲む食卓、自然の中で身体を動かした後の晩酌は格別でした。

性格はそれぞれ違っても、近い価値観や考え方で個性が集結する。
それぞれ違った持ち味があるからこそ、その持ち味を発揮して個性が光る。


仲間って、いいものですね。



WordPressデビュー

かなり苦戦しながら、やっとのことで念願だったWordPressのブログを立ち上げました。
新しいこちらのブログでは初めての更新です。

テーマは、迷いながらも「人生を活きる」としました。



これは、私自身が、人生というものをただ生きるのではなく、活きたいという願望が強いからに他なりません。

人の人生にかかわらず、蚊でも雑草でも、嫌われ者でもそれなりに与えられた役割を全うする「活きる」というテーマのもと、このブログで思う存分、勝手気ままに語っていきたいと思います。


今まで旧ブログを購読いただいた方も、新しい出会いの方も
どうぞ、これからよろしくお願いします。

ホーム > 雑ネタ

Top of Page ▲

会社のオフシャルホームページ
MYBRAND マイブランド | Make Your Brand.
RSSフィード
このブログの読者になる
現在の購読者数
    3
本日のゲスト(2012年2月22日〜)
  • 49954総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 2昨日の閲覧数:
ブログ内検索