毎日を活きる

我が家の自然農法 その② 〜窓際の小さな生態系〜

前記事、[我が家の自然農法 その① 〜家庭菜園にあると便利な作物〜]の続きです。


我が家の窓際にある自然農園。

この小さな畑を間近で観察していると、実に多種多様な生物たちがひしめきあっていることに気づきます。それは、まるで自然界の縮図、小さな生態系です。


MYBRAND blogphoto


農薬も化学肥料も使用しない自然農法。
これは、まさしく自然の生態系に限りなく近づけていくことで成し遂げられます。


大規模農場の落とし穴

広大な土地をもっていれば、人は機械化して大量に同一の農産物を効率的に生産したいと考える。そうして生まれたのが、畑一面、同じ植物が植えられた大規模プランテーションです。

一見、ものすごく効率が上がって大量に安価な農作物が収穫できそうですが、これには農薬や肥料投下が不可欠です。「いや、農薬漬けはちょっと・・」という消費者の声を受けて、もし大規模プランテーションで無農薬・無化学肥料栽培を行おうとするとどうなるか?

まず、その植物を好んで食す害虫が大量発生します。
また、隣り合う植物がおなじ栄養素を取り合うことで弱々しくなり、普段は影を潜めている病原微生物が力を増し、植物は病気に冒されさまざまな収穫被害が起こります。さらに、特定の栄養素のみが欠乏した土壌が残り、のちに連作障害などの負の遺産を残すことになります。



ここで、大規模プランテーションを一度離れて森林をのぞいてみます。
ここには、同一の植物が一面に植わっているということはまずありません。自然界は森林を育む長い年月の中で、一番「安定する」ポイントを発見しているのです。


MYBRAND blogphoto


自然農法のポイント

自然界のキーワードは、多様な生物たちの共生です。
私が以前森林セラピストとして森の中の植生調査を行ったとき、見事なまでに植物による「分業」がなされていることに気づきました。例えば、高い木が砂漠に一本生えていたとしたら、地が乾燥して枯れてしまう。これを補うように高木の根元に地をはうつる性の植物が、ワンセットで一緒に存在しているわけです。

あらゆる個性を持った生き物が、それぞれの持ち味を発揮して自然の循環の一部分として機能し、支えあう。このバランスが一定に保たれることで自然は自然として調和しているのです。

自然界は長い時間をかけてこのバランスポイントを見出してきました。
無農薬、無化学肥料の自然農法を実現するためには、この自然界のバランスの黄金比に近づける他にないと思います。

我が家の自然農法 その① 〜家庭菜園にあると便利な作物〜

「自家製」ライフスタイル、最近増えましたね。
以前、スペンドシフトという著書に、経済や雇用の不安が伴う現代、人々はモノを消費する方向から自ら創造する方向へ価値観が移行しつつある旨が指摘されていました。


  • 自分でできるものはできるだけ自分で
  • 時間をたっぷりかけて、そのプロセスの物語を楽しむ

決して派手ではないけれども、こうした「生活を味わう」スタイルは着実に広まっているように感じます。「家庭菜園」もその一つ。

そして、せっかくやるなら、無農薬で安心、新鮮で旬な食材、食卓をオシャレに彩る便利な食材をつくりたい。そう思う人も多いでしょう。

我が家では、「自然農法」にこだわった家庭菜園づくりを実践しています。
さっそく、トマトが収穫できそう。


MYBRAND blogphoto


今の住まいに越してきてから約半年の間に数々の失敗もしましたが、その中であると便利な食材がなんとなくわかってきました。我が家の自然農法の第一話では、そんなオススメの食材をとりあげてみます。



  • 葉ネギ: まとめて使う用途がなかなかないので、少しずつ庭から調達できるのは便利。
        → 生育旺盛で切っても生えてきます。みじん切りを乾燥させて保存性アップ。
  • パセリ: すこし添えつけるのに1本あると大変便利。二年性なので越冬します。
        → イタリアンパセリは味や香りは同じで、見た目のオシャレ感が増します。
  • バジル: シソ科。トマトとの相性が大変良い。主にイタリアンでパスタやピザに。
        → 細かくしたバジルをオイルやにんにくと混ぜバジルペーストとして保存も。
  • 大葉(シソ): こちらも、和のハーブとして大変重宝します。背丈は1mにも。
        → 添え付け、キムチ等との相性も良い。お酒に漬け込んだり用途は様々。
  • 山椒: こちらも山林に自生するハーブ。鰻や筍御飯や煮魚などの添え付けにgood。
        → 生育は旺盛で、一度アゲハの幼虫に丸裸にされたが、1週間ほどで萌芽。
  • 唐辛子: 一度大きくなると大量の実(鷹の爪)を付けます。水切れに注意。
        → 麻婆豆腐やパスタ(ペペロンチーノ)などに使えます。
  • 月桂樹(ローリエ): クスノキ科。香辛料の一つでカレーなど香り付けに使用。
        → 木本(樹)でありながら、生育は非常に早い。1本あると重宝する。
  • ミニトマト・トマト: 生育力が強い。ミニトマトは連日収穫できる。
        → 元々アンデス山脈育ちで、水切れに強い(水を切らすことで甘くなる)


これ以外にもまだまだ数えきれないほどありますが、改めてこの場で紹介したいと思います。


MYBRAND blogphoto




次記事、[我が家の自然農法 その② 〜窓際の小さな生態系〜]に続きます。




ほんの少しオシャレなお酒をつくる方法

タイトルからして唐突ですが、私が今一番好きなお酒は日本酒です。

結婚して嫁さんのお義父さんと一緒に晩酌する機会が増えてから、純米吟醸のようないわゆる「精米歩合の高い(純度が高い)お酒」の味を知ってからというもの、毎回新しい日本酒との出会いが楽しみでなりません。

・・・と、日本酒好きアピールはこのくらいにしておきます。
今日はお酒について語りたいと思います。



お酒は製造工程の違いから大きく3種に分類できるようで、

  • 原料を発酵させただけで飲まれる醸造酒(ワイン、日本酒、ビール等)
  • 醸造酒を蒸留しアルコール度数を高めた蒸留酒(ジン、ウォッカ、テキーラ、ウイスキー、ブランデー、焼酎等)
  • 醸造酒、蒸留酒に香味成分を加えて、味を変化させた混合酒(カシス、カンパリ、梅酒等)

これらお酒と果実などと組み合わせから生まれるカクテルの数は数百種にのぼります。

日常にあるものを使って、簡単にオシャレなカクテルを自宅で楽しみたい。
そんなときに重宝するのがホワイトリカーです。

ホワイトリカーという言葉を聞き慣れていないと入手するのが難しそうに感じますが、その正体は焼酎(甲類)です。ほとんどのスーバーで取扱っています。

このホワイトリカーを用いたカクテルレシピを一つ紹介したいと思います。


MYBRAND blogphoto


ローズ・ミルク<Rose Milk>

[材料(1人前/100cc)]:

  • 牛乳 ………………………………………… 70cc
  • ホワイトリカー ……………………………… 25ml
  • バラのコンポート ……………………… 大さじ1杯半(約15g)

[作り方]:
氷を入れたタンブラー(グラス)に、冷蔵庫で冷やした「バラコンポート」と牛乳、ホワイトリカーを入れ、ステア(かき混ぜる)して完成です。お好みでアイスクリームや生クリームのトッピングを加え、イタリアンパセリで飾ればオシャレな彩りになります。
→もっと詳しいレシピはこちら


今回はバラを用いましたが、いちごジャムやブルーベリージャムでも代用できます。
ちなみに、カクテルづくり専用のコンポートも取り扱っていますので、よろしければどうぞ。

http://www.mybrand.jp/cocktailj/

ロイヤルチャイの美味しい作り方

以前、ロイヤルミルクティの美味しい作り方について当ブログでも紹介しました。
→「ロイヤルミルクティの美味しい作り方」の記事はこちら

今回はほんの少しスパイスを利かせたロイヤルチャイの作り方を紹介したいと思います。


ロイヤルミルクティとの作り方の違いは、ただ牛乳と一緒にシナモンを入れるか否か、だけです。詳しくは、以下動画をご覧ください。






スパイスであるシナモンをあまり多く入れすぎると、紅茶の香りをかき消してしまうのでご注意ください。シナモンはロイヤルミルクティをカップに注いでから、トッピングする方法でも良いと思います。

大宇宙の鼓動〔2012年金環日食〕

宇宙の鼓動を感じずにはいられない、金環日食の5月21日午前7時29分。
道行く誰もが空を見上げています。


MYBRAND blogphoto


残念ながら日食ピークは厚い雲に覆われ、金環は観測できず。上の写真が精一杯でした。

次に日本列島で観測できるのは、2030年ということです。



ところで、日食とは(太陽)ー(月)ー(地球)の順に一直線に並ぶ現象ですが、このタイミングでいくつか不可解な出来事と重なるようです。

たとえば、他の時期と比較した場合、満月や新月の夜に交通事故件数が増加する。
ヒトの出産数が増加する(約1割程度らしい)ことなどが報告されています。(※出所


さらに、この現象は月と地球と太陽に限ったことではありません。実は、太陽系の惑星が一直線に並ぶ周期が決まっています。


太陽と、内惑星である水星、金星と地球が全て一直線上に並ぶタイミングが144年に1度あり、その公約数の周期で自然現象や社会情勢に様々な変化が訪れるという説があります。(以下、ガイアの法則(著 千賀一生)という書籍からの引用です)


  • 1995年 阪神淡路大震災
  • 1923年 関東大震災
  • 1851年 ―
  • 1779年 安永の時代に桜島が大爆発し火山灰が奈良県を越え長野県まで達した
  • 1707年 江戸時代に富士山が爆発し、日本史上空前の宝永大地震(M8.4)

上に列挙している年代は、すべて72年(144年の半分)ずつ過去にさかのぼった時に起きている出来事です。天変地異という切り口で過去の記録を拾い出すと、偶然かもしれませんが、おどろくほど周期性がある事がわかります。

これは、天変地異だけでなく経済情勢などその他の分野にもあてはまるとか。


こう思うと、大宇宙もヒトや動植物と同じように、計り知れない規模での大きな鼓動を打っているように感じられてなりません。

島根〔石見銀山〕視察の旅2012 〜まちおこし編〜

2012年のGWに夫婦で視察に訪れた、島根県・石見銀山のまちおこし編〔後編〕です。

前編、『島根〔石見銀山〕視察の旅2012 〜文化・歴史編〜』はこちら


MYBRAND blogphoto


JR岡山駅から出雲まで、特急列車「やくも」で揺られること3時間。
さらにそこから電車やバスを乗り継いで2時間ほど山奥へと入っていくと、ようやくそこには石見銀山はあります。

この山奥の集落に果たして人は来るのだろうか。
そんな思いを抱きながらも、何か光るものがそこにはあると信じて、私たちはその地に向かっていました。


石見銀山の二つの街には、いまでこそ500名近い住民が生活しています。
しかし、一時は過疎化に歯止めがかからない事態に陥り、銀の産地として一世を風靡した当時の面影はなくすっかり廃れてしまったことがあったそうです。

そんな中、なんとかこの街の持つ魅力を発信したいと立ち上がった有志により、古民間の町並み復興からスタートした取り組みは、今では田舎のライフスタイルの提案という形で、都市部の生活者の間で受け入れられるようになっています。



MYBRAND blogphoto



民家の中、人間と生活の場を同じくするツバメたち。
店内には、「ツバメの落とし物にご注意ください」という触れ書きがありました。


店の入口から中を見渡すと、奥にまぶしく光る新緑が目に飛び込んできます。



MYBRAND blogphoto



懐かしい縁側の風情。風鈴の涼しげな音色が風に乗って通り過ぎていきます。
季節に応じたしつらえによって、空間は大きく様変わりします。



MYBRAND blogphoto



木漏れ日が差し込むカフェでの静かなひととき。
この土地ならではの梅を使ったメニューをオーダーしました。



MYBRAND blogphoto


MYBRAND blogphoto



その昔、病と隣り合わせだった銀山の坑夫が梅の薬用効果に着目し頻繁に食していたことから、この土地にはいまでも梅を使ったレシピがいくつか存在するようです。




MYBRAND blogphoto


島根滞在最終日の14時、2日間滞在した石見銀山を後にするとき、長い夢から覚めるような心地がしました。

ここに来る人たちは、私たちも含め
日常生活では決して味わえない、見られない、体験できないことを求めて
はるばる山奥までやってきているのだと実感すると同時に、
どこか懐かしい、追憶の景色を呼び覚ます力がこの土地にはあるように感じました。


今、私は商品企画を通じて「モノ」の持ち味を引き出すことを理念として活動していますが、いつの日かこうした土地やコミュニティの持ち味を引き出す仕事に携われるならば、その土地だからこそ輝く魅力でそこに住まう人も、外からやってくるゲストも双方気づきを得られる、自分らしさを取り戻せる、そんな場を築くことができたらどんなに幸せかと思います。

島根〔石見銀山〕視察の旅2012 〜文化・歴史編〜

今年のGWは、以前から夫婦で気になっていた島根の奥地、石見銀山を訪れました。

後編、『島根〔石見銀山〕視察の旅2012 〜まちおこし編〜』はこちら


MYBRAND blogphoto


MYBRAND blogphoto



石見銀山といえば、国内最大の銀山(現在は閉山)であり、2007年に産業遺産としてはアジアで初めて世界遺産に登録されたことで有名ですが、世界遺産に登録されるずっと前から景観を保存し田舎のライフスタイルを発信するべく、人口500人の小さな村で人々が一丸となって街おこしを行う取り組みを、一度この目で見てみたいと思っていました。

銀山を訪れてみて、まず感じたのは緑の多さ。そして、苔のむした岩々が古い武家屋敷や古民家に溶け込んだ景観でした。



MYBRAND blogphoto



人により作られた作為的な自然ではなくて、長い時間をかけて少しずつその土地に馴染む植物が根を下ろしてきている。産業の発展と両立してそうした景観を残してきたことこそ、石見銀山が世界遺産に選ばれた大きな理由だと感じました。


現地に住んでいる方に聞いた話では、当時の坑夫の労働環境の過酷さは並々ならぬものだったとか。

「間歩(まぶ・坑内)に一度入れば、10年まで」、俗説では「3年持たない」といわれ、坑内に充満する有毒ガス、煤、粉塵(酸化鉛とされている)により気絶えをおこし、坑夫の健康状態は深刻だったようです。平均寿命はおよそ30歳程度という記録も残っており、家族構成も独身または夫婦のみが多かったといいます。

銀外交のきらびやかな歴史とは裏腹に、厳しい労働犠牲の歴史がそこにはありました。


それでも、石見銀山は世界産出銀のおよそ3分の1(1万貫・約38トン)を占めた時期もあり、領土は100の村々からなり、人口も20〜30万人いたとされる栄華を極めた時代もあり、その歴史と文化が景観の中に息づいているようでした。



MYBRAND blogphoto



日もだいぶ傾きやさしい木漏れ日に包まれると、静かな時間が風とともに通り過ぎます。
この何とも心地の良い空間に身を置き、心の声に耳を研ぎ澄ませたとき、人が本当に求めているものが何であるのかが見えてくるような気がします。

石見銀山の地が醸し出す独自の風情は、遠方から訪れた私たちにとっても馴染み深いものでした。


MYBRAND blogphoto


ネイチャースポーツと晩酌と仲間たち

今週末、高校時代の旧友たちが新居に遊びにきてくれ、一緒に夕の食卓を囲みました。
嫁の料理でお酒もすすみ、仕事や人生の話、懐かしい思いで話に花が咲きます。

(筍ごはんに家庭菜園でとれた山椒の葉を添えて。右上は筍とあさりの佃煮)

MYBRAND blogphoto




高校の友人たちとは、もう10年来の長い付き合いです。
彼らとはフリーダイビング、ロッククライミングと、何かしら自然系スポーツでつながっています。

昨日はスラックラインという、新しいスポーツにチャレンジ。(綱渡りの競技)
4時間ほど通しで綱と格闘した後、心地よい筋肉痛を感じながら親しい仲間と囲む食卓、自然の中で身体を動かした後の晩酌は格別でした。

性格はそれぞれ違っても、近い価値観や考え方で個性が集結する。
それぞれ違った持ち味があるからこそ、その持ち味を発揮して個性が光る。


仲間って、いいものですね。



ロイヤルミルクティの美味しい作り方

最近、身体を温める食材のひとつとして、紅茶が注目されているそうです。
ストレートで飲む紅茶もスッキリしていて良いのですが、我が家では時間に余裕があるときは、時々ロイヤルミルクティにして楽しみます。


MYBRAND blogphoto

ロイヤルミルクティは手間がかかる分、濃厚でまろやか、上品でかつ深い味わいで上質な時間を紡ぐことができます。
休日の昼下がり、本を片手にロイヤルミルクティだけを飲むもよし、ゲストを家に招いて、洋菓子等スイーツと一緒にサーブするもよし。ゲストに出すときは、とっておきのおもてなしのツールにもなります。


今日は、ご自宅で、できるだけ簡単においしくて濃厚なロイヤルミルクティを作るためのレシピを紹介します。




材料(1人前/300cc): 紅茶茶葉6g、水150cc、牛乳170cc

作り方:
①鍋に水150ccを入れ、火にかけます。
②沸騰したら茶葉6g(Teaスプーン大盛り2杯)を投入すると同時に、火を止めます。その後すぐに蓋をして3分ほど待ちます。
④蓋を開けて、牛乳170ccを加え火をつけ、 菜箸などで軽くかき混ぜながら飲み頃の熱さ(75℃以上にしない)になったら、火から下ろして、茶濾しで濾しながらカップに注ぎます。
⑤お好みで砂糖や蜂蜜を加え、完成です。


これだけです。ほんの10分あればできてしまう。簡単でしょう?
手間をかけた分、美味しさも一際増しているはず。
コーヒーを豆から挽くのと同様、紅茶もじっくりと抽出すると味わいに深みが出ます。


紅茶は、酵素の力で茶葉を発酵させることによって香りを高めています。
ミルクを入れても香りが生きているので、私たちはミルクティにして楽しむことができるのです。

今回、マイブランドでは紅茶づくりの名人・村松二六さんと協同で、ロイヤルミルクティ専用の高級紅茶を開発しました。
ミルクに混ぜた時に、負けない香り高さを生み出すカギは、厳選された茶葉、独自の微生物農法、そして加工方法にあります。


興味がある方は、ぜひ「マリコ・ザ・ロイヤル」のオフィシャルサイトを覗いていってみてください。
http://www.mybrand.jp/marikor/


MYBRAND blogphoto

夜型から朝型にチェンジ

もともと、何かに夢中になると寝食を忘れてひたすら打ち込むスタイルの私。
ふと気付くと外は明るくなっていた、ということも少なくありません。

20代前半はそれでもよかったのが、最近は事情が変わってきました。
夜更かしした翌朝の目覚めは最悪で、昼に睡魔が襲ってくるので、結局昼寝してしまうという悪循環が多くなってきました。歳でしょうか(笑)

そこで、今日から思い切って、夜型から朝型にチェンジ。
早朝5時起き、この2時間を自分だけの仕事時間に充てました。


今、2時間を過ごし終えてブログを書いています。
感想としては、いつもより時間が長いという印象。
なにより、時間を有効に使わなければという引き締まった気持ちが生まれるので、時間の濃度が全く違います。

これはオススメ。しばらく続けてみたいと思います。

Page 2 of 3123

Top of Page ▲

会社のオフシャルホームページ
MYBRAND マイブランド | Make Your Brand.
RSSフィード
このブログの読者になる
現在の購読者数
    3
本日のゲスト(2012年2月22日〜)
  • 49954総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 2昨日の閲覧数:
ブログ内検索