ホーム > タグ > おしん

[おしん]タグのついた記事一覧

「おしん」にみる人間模様

過去、日本で最も高い視聴率を記録したテレビドラマ「おしん」。

1983年(昭和58年)、ちょうど私が生まれる年の4月4日から翌年3月31日まで、一年にかけて放送されたNHK連続テレビ小説です。
最近、2013年の10月に実写映画版の公開も話題になっています。


MYBRAND blogphoto


さて、この「おしん」、国内では当時の平均視聴率は52.6%、その後全世界64カ国で放映されている人気番組です。
一体何がここまで人の心を動かすのか、以前から一度は観てみたいと思っていたのですが、これ幸いにも今年再放送されるということになり毎週欠かさず観ています。

ドラマを見る前のおしんの印象については、極貧やいじめを耐え抜く主人公の少女に日本中の人が同情して涙するというもの、とりわけ「年季奉公のため船に乗せられ、連れて行かれる」シーンは有名ですが、まさにそんなイメージを抱いていたのです。


しかし、実際に観ていると、また違ったおしんの魅力に気づかされます。

主人公が、恵まれない境遇をただ嘆くのではなく、必死に打開しようとするがやはりうまくいかない。そんな文字通り崖っぷちに立たされたとき、どこからともなく「拾う神」が現れ主人公を励まし、励まされた主人公が一つひとつ試練を乗り越え強くなっていく。
その過程で、人の温かい心や絆、ひとの人生の奥深さが感じられるからこそ、少なくとも我が家では欠かさず観たいと思えるドラマになっているのかもしれません。


また、物語は静岡県熱海創業のスーバー「ヤオハン」の創業者、和田カツという人物をモデルにしていることもあって、商売に関わるやりとりもいくつかでてきます。

はじめ、おしん夫妻は東京で羅紗問屋「田倉商店」を営むものの、信用していたメインの取引先が倒産したことをきっかけに、子供服の製造小売業に鞍替え。当時(明治後期)はまだ和服がメインで、徐々に浸透しつつあった洋服も一つひとつ仕立ててつくっていた時代に、何度も仕立て直しが必要で費用がかさむ子供服の分野で、既製品として薄利多売で安価に販売することを考えます。

おしんの夫、田倉竜三はどちらかというと派手好きで、小さな努力を積み重ねるというよりは一発大物を狙いにいく、大物のためならば手段を選ばないような性格の反面、おしんは地道にお客様の信用を積み重ね、お客様や従業員、商売仲間との良い関係を築いていくことに重きを置く、そんな二人の商売に対する考え方の違いが印象的でした。


髪結い、羅紗問屋、洋服メーカーを経て、最終的にはスーパーの経営者となっていくのですが、この先はまだ私も知らない展開。我が家では、今後も目が離せそうにありません。

Home > タグ > おしん

Top of Page ▲

会社のオフシャルホームページ
MYBRAND マイブランド | Make Your Brand.
RSSフィード
このブログの読者になる
現在の購読者数
    3
本日のゲスト(2012年2月22日〜)
  • 49954総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 2昨日の閲覧数:
ブログ内検索