ホーム > タグ > 企業戦略

[企業戦略]タグのついた記事一覧

経営学を生物学からとらえる

MYBRAND blogphoto


皆さんは「フラクタル理論」のことをご存知でしょうか?

  • 雪や氷や鉱物の結晶
  • 蝶の羽の模様
  • 鳥の羽根
  • 植物の葉脈

これらはすべてフラクタル構造になっています。

フラクタルとは、フランスの数学者マンデブロが提唱した幾何学の概念で、図形の部分と全体が自己相似になっているもののことを指します。


冒頭のシダ植物の写真を見てください。
葉をよく観察すると、全体の葉の形の縮図がそれぞれの葉の形になっており、さらにこの縮図の形状がずっと繰り返されているのがわかると思います。

フラクタルとは自然界のあらゆる場所にみられる不思議で興味深い現象ですが、
自然界に限らず、あらゆる事象に共通して現れる原理原則があるのではないかと私は考えています。



経済界は自然界の縮図?

事業を営むなかで、最近強く感じることがあります。
それは、事業を展開しようとする行為は、自然界で生き物が繁殖しようとする行為にとても似ているということ。

会社をひとつの生き物ととらえた時に、経済界というものは自然界に驚くほど構造が似ています。

企業活動は、限られた経営資源(一般的には、人、モノ、金、情報)を活用して不確実性の高い市場の中で生き残りをかけて工夫を重ねますが、これは自然界という環境変動が激しいフィールドで、限られた物質的資源やエネルギー資源を活用して進化を重ねていく動植物や微生物の姿にそっくりなのです。


経済界では、すき間産業のことを「ニッチ」な市場と表現しますが、実はこの「ニッチ」という用語はもともと生物学の概念です。


4億年前のデボン紀の地球上では、地殻変動によりイアペトゥス海が消滅。狭くなった生活領域で生物間での生存競争が激化した中、覇者となったのは、鎧のように硬い甲羅を持った巨大魚「板皮(ばんぴ)類」でした。


MYBRAND blogphoto


この板皮類から身を守るために、海底の堆積物の中に身を隠すようにしてひっそりと生活していた魚がいました。これが、ヒトの祖先ともいわれている「アカンソステガ」です。

外敵から身を守るため、あるいは自らの安全な生活環境を確保するために、小さなすき間で生活をする生物は、まるで大きな資本力をもつ大企業にとって参入メリットの小さい、小さな専門性の高い事業領域を確立する中小企業そのものです。


このような事例をあげたら限りなく出てきますが、
企業としてどのような戦略を組み立てるべきかを考える際に、46億年という悠久の時の中で進化を重ねてきた生物たちの生き方を参考にすることは、とても有意義な方法であると私は考えています。



Home > タグ > 企業戦略

Top of Page ▲

会社のオフシャルホームページ
MYBRAND マイブランド | Make Your Brand.
RSSフィード
このブログの読者になる
現在の購読者数
    3
本日のゲスト(2012年2月22日〜)
  • 49954総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 2昨日の閲覧数:
ブログ内検索