ホーム > タグ > 持続可能性

[持続可能性]タグのついた記事一覧

農的暮らしの永久デザイン

MYBRAND blogphoto


自然環境の中に溶け込む暮らし。

家などの建造物と周辺の自然環境を切り離すことなく、農と食、景観と文化が一体化したライフスタイルを提案する、パーマカルチャーという学問があります。

パーマカルチャー[permaculture]とは、オーストラリアのビル・モリソン教授が提唱した、人間にとっての恒久的持続可能な環境を作り出すためのデザイン体系のことで、permanent[恒久の]とagriculture[農業]あるいはculture[文化]を組み合わせてつくられた造語です。

このパーマカルチャーについて深く学ぶため、2008年のGWに、当時国内で唯一パーマカルチャーを実践されていた三重県のあるご夫妻のもとで3泊4日のファームステイをさせていただいたことがありました。日本の原風景ともいえる棚田や鎮守の森が残る、三重県の志摩磯部での記録を今回改めて綴ってみたいと思います。 (話は今から5年前に遡ります)


ご夫妻はパーマカルチャーをオーストラリアで学んだ後、帰国してからはまず土地選びにかなりの時間をかけられたようで、ようやく見つけたのがこの高台。


MYBRAND blogphoto

高台から下を見渡すと、棚田に鎮守の森という、日本の原風景が残る豊かな環境が広がっていました。



MYBRAND blogphoto

また、周囲を竹林や広葉樹の小さな林に囲まれた高台は、多様な生物群に住処[すみか]を提供し、自然の力を引き出す農業を行うには最適な環境といえます。



MYBRAND blogphoto

実りの季節を迎えたエンドウマメ。


MYBRAND blogphoto

カマキリのサナギでしょうか。
庭の捕食者である肉食昆虫のカマキリが生息できる、豊かな生態系が形成されています。



MYBRAND blogphoto


MYBRAND blogphoto


ファームステイでは、基本的な農作業(畑全体の設計図に従って育苗された野菜や果物の苗を畑に植えたり、土づくりをしたりといった作業)を体験させていただいたのですが、早朝に採った筍は、この日の夕飯の具となり食卓に登場。
採れたての自然の恵みを使ったおいしい料理を頂いた後には、日本酒で一杯やりながらパーマカルチャーや有機農法のノウハウを教えていただき、ご夫妻には大変お世話になりました。

お酒の席で伺った話では、こちらの住まいでは、屋根に設置したパネルで吸収した太陽熱を風呂を沸かす熱量として利用したり、バイオマストイレでは微生物の力を活かした排泄物分解を行い、堆肥(コンポスト)化し、畑の肥料として活用するなど、様々なエネルギー資源の循環システムが構築されていて、非常に理にかなった生活スタイルを確立されていました。

自然と文化の共存について一つの良いモデルケースを持ち帰ってこれたと思っています。



MYBRAND blogphoto



MYBRAND blogphoto




        *      *      *


古代ローマの人々は、大自然の中での生活に不便を感じ、都市を築き、森林を資源や土地の資産として活用するために木々を伐採し続けてきました。

近代になり、産業革命の爆発的な発展に伴い都会から緑が消滅すると、今度は郊外の自然環境が豊かな景観を求めて人々は移住するようになりました。
移動手段が確立されたことで、都会と大自然を行ったり来たりすることが当然のようにできる時代になったのです。いわば、都会と自然の好いとこ取り、しかし自然を知らない都会の人々が理想郷[ユートピア]を期待してそこを訪れてみると、やはり自然の厳しさを知ることになります。


こうした過去の教訓から学び、自然と文明の絶妙なバランスを確立できるだけの智慧を私たち人類が身につけることができれば、自然と文明が共存する持続可能な新たな時代の幕開けとなるかもしれません。

Home > タグ > 持続可能性

Top of Page ▲

会社のオフシャルホームページ
MYBRAND マイブランド | Make Your Brand.
RSSフィード
このブログの読者になる
現在の購読者数
    3
本日のゲスト(2012年2月22日〜)
  • 49954総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 2昨日の閲覧数:
ブログ内検索