ホーム > タグ > 無農薬・無化学肥料

[無農薬・無化学肥料]タグのついた記事一覧

我が家の自然農法 その② 〜窓際の小さな生態系〜

前記事、[我が家の自然農法 その① 〜家庭菜園にあると便利な作物〜]の続きです。


我が家の窓際にある自然農園。

この小さな畑を間近で観察していると、実に多種多様な生物たちがひしめきあっていることに気づきます。それは、まるで自然界の縮図、小さな生態系です。


MYBRAND blogphoto


農薬も化学肥料も使用しない自然農法。
これは、まさしく自然の生態系に限りなく近づけていくことで成し遂げられます。


大規模農場の落とし穴

広大な土地をもっていれば、人は機械化して大量に同一の農産物を効率的に生産したいと考える。そうして生まれたのが、畑一面、同じ植物が植えられた大規模プランテーションです。

一見、ものすごく効率が上がって大量に安価な農作物が収穫できそうですが、これには農薬や肥料投下が不可欠です。「いや、農薬漬けはちょっと・・」という消費者の声を受けて、もし大規模プランテーションで無農薬・無化学肥料栽培を行おうとするとどうなるか?

まず、その植物を好んで食す害虫が大量発生します。
また、隣り合う植物がおなじ栄養素を取り合うことで弱々しくなり、普段は影を潜めている病原微生物が力を増し、植物は病気に冒されさまざまな収穫被害が起こります。さらに、特定の栄養素のみが欠乏した土壌が残り、のちに連作障害などの負の遺産を残すことになります。



ここで、大規模プランテーションを一度離れて森林をのぞいてみます。
ここには、同一の植物が一面に植わっているということはまずありません。自然界は森林を育む長い年月の中で、一番「安定する」ポイントを発見しているのです。


MYBRAND blogphoto


自然農法のポイント

自然界のキーワードは、多様な生物たちの共生です。
私が以前森林セラピストとして森の中の植生調査を行ったとき、見事なまでに植物による「分業」がなされていることに気づきました。例えば、高い木が砂漠に一本生えていたとしたら、地が乾燥して枯れてしまう。これを補うように高木の根元に地をはうつる性の植物が、ワンセットで一緒に存在しているわけです。

あらゆる個性を持った生き物が、それぞれの持ち味を発揮して自然の循環の一部分として機能し、支えあう。このバランスが一定に保たれることで自然は自然として調和しているのです。

自然界は長い時間をかけてこのバランスポイントを見出してきました。
無農薬、無化学肥料の自然農法を実現するためには、この自然界のバランスの黄金比に近づける他にないと思います。

我が家の自然農法 その① 〜家庭菜園にあると便利な作物〜

「自家製」ライフスタイル、最近増えましたね。
以前、スペンドシフトという著書に、経済や雇用の不安が伴う現代、人々はモノを消費する方向から自ら創造する方向へ価値観が移行しつつある旨が指摘されていました。


  • 自分でできるものはできるだけ自分で
  • 時間をたっぷりかけて、そのプロセスの物語を楽しむ

決して派手ではないけれども、こうした「生活を味わう」スタイルは着実に広まっているように感じます。「家庭菜園」もその一つ。

そして、せっかくやるなら、無農薬で安心、新鮮で旬な食材、食卓をオシャレに彩る便利な食材をつくりたい。そう思う人も多いでしょう。

我が家では、「自然農法」にこだわった家庭菜園づくりを実践しています。
さっそく、トマトが収穫できそう。


MYBRAND blogphoto


今の住まいに越してきてから約半年の間に数々の失敗もしましたが、その中であると便利な食材がなんとなくわかってきました。我が家の自然農法の第一話では、そんなオススメの食材をとりあげてみます。



  • 葉ネギ: まとめて使う用途がなかなかないので、少しずつ庭から調達できるのは便利。
        → 生育旺盛で切っても生えてきます。みじん切りを乾燥させて保存性アップ。
  • パセリ: すこし添えつけるのに1本あると大変便利。二年性なので越冬します。
        → イタリアンパセリは味や香りは同じで、見た目のオシャレ感が増します。
  • バジル: シソ科。トマトとの相性が大変良い。主にイタリアンでパスタやピザに。
        → 細かくしたバジルをオイルやにんにくと混ぜバジルペーストとして保存も。
  • 大葉(シソ): こちらも、和のハーブとして大変重宝します。背丈は1mにも。
        → 添え付け、キムチ等との相性も良い。お酒に漬け込んだり用途は様々。
  • 山椒: こちらも山林に自生するハーブ。鰻や筍御飯や煮魚などの添え付けにgood。
        → 生育は旺盛で、一度アゲハの幼虫に丸裸にされたが、1週間ほどで萌芽。
  • 唐辛子: 一度大きくなると大量の実(鷹の爪)を付けます。水切れに注意。
        → 麻婆豆腐やパスタ(ペペロンチーノ)などに使えます。
  • 月桂樹(ローリエ): クスノキ科。香辛料の一つでカレーなど香り付けに使用。
        → 木本(樹)でありながら、生育は非常に早い。1本あると重宝する。
  • ミニトマト・トマト: 生育力が強い。ミニトマトは連日収穫できる。
        → 元々アンデス山脈育ちで、水切れに強い(水を切らすことで甘くなる)


これ以外にもまだまだ数えきれないほどありますが、改めてこの場で紹介したいと思います。


MYBRAND blogphoto




次記事、[我が家の自然農法 その② 〜窓際の小さな生態系〜]に続きます。




菜園で収穫した大根の活用方法

マンション(アパート?)住まいですが、我が家には家庭菜園があります。


MYBRAND blogphoto


プランターではありません。ちゃんと、自作のレンガ囲いのプチ菜園になってます。
レンガはホームセンターで購入し、4段に積立て、間をセメントで固めています。
このマンションのベランダで楽しむプチ菜園の作り方については、またいずれこのブログで紹介したいと思います。

今日はこの菜園で先日収穫した小根、いやプチ大根を活用してみました。


MYBRAND blogphoto


土の深さが浅いので、こぶりな大根になりました。

今回、無農薬・無化学肥料という家庭菜園の最大の強みを活かして、大根まるごと食材として使います。

大根の根の部分には消化酵素であるジアスターゼがたっぷりに含まれており、葉の部分には豊富なビタミンやミネラル、食物繊維が含まれ、両方使うことによりバランスの良い食生活が実現します。

できあがってきたのは、大根の葉パスタと、大根のみそ汁でした。
まさに大根づくしの昼食。


MYBRAND blogphoto



この他、大根のおろし汁とハチミツの組み合わせは民間療法で喉の痛みを和らげる効果があるとされていますし、干した葉の煎じ汁は薬湯として風呂に入れることで冷え性や皮膚の炎症を緩和する効果もあるとされています。

大根一つとっても、実に多様な活用方法があるんですね。

Home > タグ > 無農薬・無化学肥料

Top of Page ▲

会社のオフシャルホームページ
MYBRAND マイブランド | Make Your Brand.
RSSフィード
このブログの読者になる
現在の購読者数
    3
本日のゲスト(2012年2月22日〜)
  • 49954総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 2昨日の閲覧数:
ブログ内検索